Twitter Airbiquity LinkedIn Airbiquity Airbiquity Facebook Airbiquity RSS Airbiquity YouTube
us jp

サービス管理

差別化で求められる高度な制御機能

主要な自動車メーカーにとって、コネクテッド カー プログラムは、車両のブランドやモデルを競合他社から差別化し、消費者の満足度とロイヤルティを高めるうえでますます重要になりつつあります。しかし、プログラムによって差別化を達成するには、高度な制御機能が不可欠です。

戦略上、運用上の必須事項

コネクテッド カー プログラムは、世界中の無数の車両や加入者に対して広い範囲で制御できることが、戦略上、運用上の必須事項です。それには、OTA (Over-the-Air) ソフトウェア更新や、年中無休 24時間体制でのデータ収集と管理を通じて最新鋭のプログラムを常に提供することなど、サービスを効率的に構成して開始し、その提供状況を継続的に管理する必要があります。

業界トップクラスのサービス管理

Airbiquity は、業界トップクラスの強固なサービス管理機能によって、お客様を支援します。自動車メーカーは、セキュリティ保護された自働車メーカー用の Web ポータルを使用して、プログラム展開環境のあらゆる側面を管理できます。たとえば、メーカー、モデル、グレード、国、アプリケーションの各レベルに基づいて、サービス提供方法の構成やポリシー設定を指定できます。

  • ユーザーアカウントの管理

  • アプリポートフォリオ管理

  • アプリのポリシー制御

 


 

  • 車両および所有者のアカウント管理
  • サービス開始とサービスメニュー管理
  • メーカー、モデル、グレード、国別に構成を制御
  • セキュリティを保護するポリシー定義と設定
  • 価格設定、請求、支払い、契約条件
  • ユーザー管理とアクティビティ監査

知は力なり

履歴データとリアルタイム データは、コネクテッド カー プログラムとユーザー エクスペリエンスの最適化に欠かせません。Airbiquity のビジネス インテリジェンス機能は、プログラムの利用状況データを収集し、指標やパフォーマンス目標に従ってレポートします。プログラム データを IT システムや分析ツールにエクスポートして、さらに詳細な分析を行うこともできます。

サービス管理の概要

ダウンロード

 

Top