Twitter Airbiquity LinkedIn Airbiquity Airbiquity Facebook Airbiquity RSS Airbiquity YouTube
us jp

OTAmatic テクノロジー インテグレーション

 

Saferide.png

 
SafeRide Website.png
 
Download Spec Sheet.png

Airbiquity-SafeRide OTAmatic Demo Spec Sheet.png

 

       Airbiquity の OTAmatic® OTA ソフトウェア アップデート機能、データ管理機能、そしてアップグレード可能なエッジ分析モジュール機能を SafeRide の vSentryTM マルチレイヤー サイバーセキュリティ ソリューションと組み合わせることにより、自動車メーカーや自動車部品メーカーはコネクテッド カー向けの万全なサイバーセキュリティ システムを実現することができます。OTAmatic のデータ エージェントで実行されている SafeRide vSentry 異常検出モジュールが車両へのサイバー攻撃を検出すると、OTAmatic クラウドはアラートを受信し、ソフトウェア アップデートを送信してインストールし、脆弱性を修復して保護を回復することができます。

 

 

NXP_Semiconductors_Logo_300.png

 
NXP Website.png
 
Download Spec Sheet.png

Airbiquity-NXP OTAmatic Demo Spec Sheet.png

 

       この統合は、Airbiquity の OTAmatic サービス提供機能と、さまざまな ECU を管理する NXP のセキュアな Vehicle Network Processing (VNP) プラットフォームとの相互運用性に重点を置き、ソフトウェア アップデート戦略の多様な状況や、OTA 技術を利用する自動車メーカーや自動車部品メーカーのユース ケースに対応するためのものです。これらの自動車向けテクノロジーを連携させることで、効率的かつ安全で非常にスケーラブルなマルチ ECU ソフトウェア アップデート機能とデータ収集機能を備えた ECU/OTA ゲートウェイの基盤を実現しています。

 

 

 

Arity_Logo_300.png

 
Arity Website.png
 
Download Spec Sheet.png

Airbiquity-Arity OTA Demo Spec Sheet.png

 

       Airbiquity と Arity は、Airbiquity の OTAmatic ソフトウェア/データ管理製品を Arity の運転行動モジュールと統合し、安全で拡張性に優れたマルチ ECU ソフトウェア アップデートと、クラウド処理と車載「エッジ」データ分析の両方に対応するデータ管理を実現することによって、モビリティの将来に備えています。このデモでは、Airbiquity のクラウドベース OTA サービス提供機能と Arity の運転データ分析プラットフォーム技術との相互運用性について説明します。Airbiquity バックエンド サービス提供管理機能と Arity 運転データ/分析レポート ポータルとの統合などについて紹介しています。

 

 

STMicroelectronics_logo_with_tagline.png

 

 

ST Website.png

 

 

Download Spec Sheet.png

Airbiquity-ST OTAmatic Demo Spec Sheet.png

 

       Airbiquity と STMicroelectronics (ST) は、Airbiquity の OTAmatic ソフトウェア/データ管理製品を ST の Telemaco3P Evaluation Board (MTP) テレマティックス プロセッサーに統合し、効率的かつ安全でスケーラブルなマルチ ECU ソフトウェア アップデート機能とデータ収集機能を備えた ECU/OTA ゲートウェイの基盤を実現しました。このデモでは、Airbiquity のクラウドベース OTA サービス提供機能と、OTA ソフトウェア アップデート戦略の多様な状況でさまざまな組み込み ECU をサポートする ST のオンボード Telemaco3P MTP プラットフォームとの相互運用性について説明します。

 

 

Teraki-300.png

Teraki Website.png
Download Spec Sheet.png
 

Airbiquity-Teraki OTAmatic Demo.png

       Airbiquity と Teraki のソフトウェア技術を連携させることで、自動車メーカーは、車両やクラウドでリアルタイムのデータ分析を柔軟に行うことができます。Teraki の組み込み型前処理データ分析技術により、OTAmatic ユーザーは他のテクノロジーに比べて 10 倍多くのデータを処理、保存、送信しながら、データ分析で最高レベルの精度を達成できます。この統合により、将来の幅広い用途に対応して車両の性能と安全性を向上させることが可能になるとともに、コネクテッド カー、自律走行車、新しいモビリティ サービスなどに対する消費者の満足度が向上します。

 

 

Renesas Logo-350.png

Renesas Website.png
Download Spec Sheet.png

Airbiquity-Renesas OTA Demo Spec Sheet.png

 

       Airbiquity と Renesas は、来るべき全自動運転の時代に備えて、Airbiquity の OTAmatic クラウドベース OTA ソフトウェア/データ管理ソリューションを Renesas の高性能で消費電力の少ない R-Car H3 自動車用コンピューティング プラットフォームに統合しました。R-Car H3 System in Package (SIP) をベースとしたこの複合ソリューションは自動車用機能安全規格 (FuSa) ISO 26262 に準拠しており、ターゲットを絞ったスケーラブルなオンデマンド OTA ソフトウェア アップデート/データ管理機能を備えた、パワフルで効率的かつ安全な自動車用コンピューティング プラットフォームを実現します。

 

 

Uptane Logo Basic-400.png

 

Uptane Website.png

       Airbiquity の業界をリードする OTAmatic ソフトウェア/データ管理製品の特徴は、侵害に強い Uptane セキュリティ フレームワークです。OTAmatic は、車両ソフトウェア アップデート/データ管理機能をクラウドから確実かつ安全に調整し、自動化します。その手段として、セキュリティ署名管理のためのツールやプロセスとともに Uptane を利用し、車両に送信されインストールされるソフトウェア アップデートの信頼性と整合性を保証しています。

       自動車ソフトウェア アップデートのための Uptane のオープン スタンダードなセキュリティ フレームワークは、米国国土安全保障省、ニューヨーク大学 (NYU) タンドン スクール オブ エンジニアリング、ミシガン大学交通研究所 (SWT)、サウスウェスト リサーチ インスティテュート (SWRI)、そして主な自動車メーカーおよび部品メーカーからの支援によって開発されました。Uptane は、自動車グレードの規格に基づく証明書、認証、暗号化のテクノロジーとプロセスを活用して、Airbiquity OTAmatic の自動車 OTA に対する多層防御セキュリティ アプローチの基盤を提供しています。

 

Top